格安SIMで2年縛りなしのところってある?

誰もが悩まされる携帯・スマホ業界の闇である「2年縛り」。なんだよ2年縛りって!そんなふざけた契約がないまっとうな会社はないのかよ!と誰もが思ったことがあるでしょう。

実は、2年縛りなしの格安SIMはあります。

200社以上あるとされる格安スマホ会社の中で、mineo(マイネオ)という会社が唯一2年縛りなしで契約することができます。

mineo(マイネオ)という名前はもしかしたらTVCMなどでも見かけたことがあるかもしれません。携帯3社や他の格安スマホとくらべても値段が安いのはもちろん、スマホにあまり詳しくない人でもとても使いやすい会社です。

たとえば以下のようなメリットがあります。

マイネオ サイトキャプチャ
  • データSIM、音声通話SIMの双方で2年縛りなし
  • プラン変更はいつでも無料で可能
  • docomo回線、au回線両方から選べる
  • 通話定額オプションがある
  • 家族シェアプランがある
  • docomoプランは3日間制限なし
  • 法人契約も可能
  • 加入者40万回線突破
  • 関西電力系列のケイ・オプティコムが運営

このようにとても機能面・サービス面が充実している会社です。はじめて格安スマホ・格安SIMを使うという人には間違いなくおすすめの業者がここです。

▼2年縛りなしなのはココだけ!▼

格安SIM「mineo(マイネオ)」の契約年数や縛りについて

いくら2年縛りなしとはいっても本当なのかと思うと思います。携帯プランを選ぶときに疑う姿勢は大事です。ここではもっと詳しく契約年数や縛りについて見ていきましょう。

携帯3社は2年契約、格安SIMは1年契約が基本

●最低利用年数
契約期間
格安SIM データSIM なし
音声通話SIM 1年間
端末セット販売 2年間

個々の業者によって違いはあれど、基本はこのようになっています。

大手の携帯3社(docomo、au、softbank)は最低2年は利用しなくてはいけない契約となっています。途中で解約&他社乗り換えした場合は9,500円の違約金がとられてしまうことが一般的です。

一方で格安SIMの場合は少し条件がゆるいです。端末とSIMカードをセットで購入した場合は割賦払いなので2年契約となっていますが、音声通話機能付きSIMだけを購入した場合は最低利用は1年間、データ専用SIMに至っては最低利用期間なしなので気に入らなければ翌月に解約することもできます。

格安SIMの中でもmineoはとくに制限がゆるい

そんな利用期間条件がゆるい格安SIMの中でもとくにゆるいのがここで紹介しているmineoです。以下の表を見てみてください。

●docomo(Dプラン)の料金と期間
データ容量 ドコモ
Dプラン
au
Aプラン
最低利用期間
シングルタイプ
(データSIM)
500MB 700円 700円 なし
1GB 800円 800円
3GB 900円 900円
5GB 1,580円 1,580円
10GB 2,520円 2,520円
デュアルタイプ
(通話付きSIM)
500MB 1,400円 1,310円 なし
1GB 1,500円 1,410円
3GB 1,600円 1,510円
5GB 2,280円 2,190円
10GB 3,220円 3,130円

このようになっています。

ただしMNP転出の際は注意!

制限がゆるいといっても一点だけ注意することがあります。それがmineoを解約して他社へMNPするときです。最低利用期間は特にありませんが、12ヶ月以内に他社へMNP転出する場合は、MNP転出料として12,420円(税込)かかります。

その部分についてmineo公式サイトのよくある質問で触れてあったので引用します。

Q.最低利用期間はありますか?

A.いいえ、最低利用期間は設定しておりません。

ただし、ご利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)を申し受けております。

※ 13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)となります。

通常の転出手数料は2,160円(税込)なのを考えると高額なのがわかります。

仮にmineoで契約して気に入らなかった場合に手数料かからず解約できるのは以下の場合です。

  • mineoをただ解約するだけ
  • mineoを解約して、他社で新規に契約する
  • mineoを解約して、他社でデータSIMを契約する

MNPは今お使いの090/080番号を他社でも使うためのものなので、どうしても番号を維持したい/維持する予定があるという場合は厳しいかもしれません。

とはいえmineo以外の格安SIM業者も音声通話SIMの場合は最低利用期間1年は必須なのでどこも大差はないでしょう。

2年縛りなしの格安SIMが登場したきっかけ

もともとは安い料金をお客さんへ提示する代わりに簡単に他社へ乗り換えられないための縛りではあるのですが、今やその概念は薄まりただのユーザーの囲い込みになっています。

業界ではずーっと2年縛りが慣習になってきていたのですが、2015年7月頃に厚生労働省より「2年契約と自動更新の緩和」を改善しなさいよと指導され流れは大きく変わってきました。

携帯3社が厚生労働省の勧告により少しずつ規制を緩和させてきたときに格安SIMの登場が登場し一気に壁をぶちやぶった感じがあります。

そこから徐々にユーザーの選択肢が増えてきました。格安SIM業者間での価格競争もあいまってmineoのような2年縛りどころか最低利用期間を廃止した業者も登場するようになったのです。

今後この流れは加速すると思います。mineo以外にもそういったサービスを導入するかもしれません。しかし、どこもユーザーを囲い込みしたいという本音は変わりませんので、mineo自体もどこまでこの縛りなしを継続してくれるか分からないのが正直なところです。

もし今気になっている人がいたらいきなり廃止される前になるべく早く申し込みをするのがいいでしょう。少なくとも廃止前に契約をしていれば縛りが適用されるようなことはないと思いますので。

▼もっと詳しい情報はコチラから▼

総務省が少し前に携帯キャリアの2年縛りを見直す勧告をだしたことは耳に新しいと思います。ただ実際そこから2年縛りがなくなったかというとそんなことはなく、相変わらず存在し続けています。もちろん今後はなくなる方向に進むと思いますがまだまだ私達を悩ませ続けることでしょう。そこでここでは格安SIMの中でもそういった縛りがないものをピックアップしてみたいと思います。縛りがなければ解約も乗り換えも自由です。そのため気楽に使えますしお試しで契約してだめだったら次という選択もできます。より使いやすいですよね。月額プランだってMVNOのほうがずっと安いですし今後はこっちでスマホを購入するのがいいのかもしれません。またそういったユーザーにやさしいプランのため満足度もたかくいま人気が出始めています。プランも幅広くありデータ通信だけできるSIMや電話やSMS機能もあるSIM、そしてそれらを家族でシェアできたりとさまざまです。

▲ページトップへ戻る